株の手法に正解はないと知るべき!自分で身につけなくてはいけない

たとえば株で儲かっている人がいるのなら。

その人の手法が正しいと思っていたんですけど。

そういうわけではないんです。

たとえば、儲かっている人は

「株は長期でやるべき!」

とか

「利は長く、損は短く」

なんて言っていても、それが正しいとは限らないというか。

それはその人の手法であって。

自分がその手法があっているのかは別問題なわけです。

なので、株の手法というのは自分で身につけるべきであって。

儲かっている人が正しいというわけではないってことね。

儲かっている人が正しく思える謎

どうしても株で儲かっている人を見ると

「その人と同じことをすればいい!」

って思いますけど。

儲かっている人も、いろいろな手法でやっているわけで。

短期でやって儲けている人もいれば。

長期でやって儲けている人もいます。

で、これがどちらがあっているのかはそれぞれだと思うんですが。

自分はどうも短期でやったほうがいいと思うんですが。

どうも、そういう

「株は長期でやるべき!」

みたいな人の意見があたまをよぎり。

利確のチャンスを逃すことが多いような気がします。

実際利確をしないで、利が伸びればいいんですが。

たいていは、下がってきて含み損になったりします。

まぁこれは自分がボックス相場の株を買っていることが多いのだから。

そりゃー下がってきますよね。

実際なにが正しいのかわかりませんけど。

自分はどうも利は早く確定させる

【利食い千人力】

これがあっているようです。

他人の言うことを信じていては勝てない

結局株っていうのはゲームであって。

他人と同じことをしても、ダメな時ってあります。

ゲームならそれで諦めてもいいんですが。

株っていうのは、別の方法もあるわけで。

うまい人と同じことをして失敗して

「株は向いていない」

って思ってあきらめてしまうのはもったいない気がします。

他にもいい方法があるのに。

うまい人と同じことをして、それがあっていないだけで

やめてしまうのはもったいないと思うんです。

だから、株の経験っていうのは絶対に必要で。

そこから反省して、次につなげることが大事なのかと…。

そして成功がおそらく自信と、自分の手法の確立となると思うので。

やっぱり初心者は、まずは利確…。

これを積極的にすべきなんじゃないかと思っていたりします。

うまい人は、利を長く持てるのかもしれませんけど。

どうも自分にとっては、それがうまくないというか。

どうしても、利確のタイミングがわからないというか。

「利を長く」

っていううまい人のアドバイスが邪魔をしているように感じています。

自分の手法を疑わないメンタル

株で大事なのは、ほかの人にあわせることではなく。

自分の手法を疑わず、それを実直に続けるメンタルだと思います。

実際長期で株をやって、自分は失敗しているのだから。

短期でやったほうが絶対にいいんですよ。

そもそも長期でやるっていうのは。

結果がずーっと先にあるわけで。

そうなると、それが成功するのかどうかも初心者にはわからないわけです。

じゃあ、先に結果がでる短期での株をやって。

そこから成功を積み重ねていけばいいと思います。

短期で結果がでたのなら

「じゃあ次は、長期でやってみよう」

なんてことをすればいいわけで。

いきなり株の初心者に

「長期で株をやれ」

と言っても、それはできないと思います。

結局株なんていうものは。

経験があって、経験があることで、長期の良さもわかると思うので。

初心者がいきなり株を長期で持つっていうこと自体が

結果が後にあるわけで、メンタル的に無理なことだと思ったりします。