株は短期でやったほうがよくないか?売っても買い戻せばいいだけでは?

よく株って

  • 利は長く
  • 損は早く

なんて言いますけど。

2018年が特別なのかもしれませんが。

自分的には

  • 利は早く
  • 損は長く

こんな感じのほうがいいような気がします。

なぜなら、売っても買い戻せばいいだけなので…。

利がでていても、下がったら買戻し。

売った後に上がっていってしまったのなら、放置すればいいのでは?

損はまぁ早く切ろうが、長く持っていようが自由ですけど。

自分は配当が多いものを持つタイプなので…。

損はすぐに切らなくてもいい気がします。

まぁもう戻ってくる見込みがないのなら、切るのもアリだと思いますけどね。

利を長くもつのは違和感

含み益がでているのに、それを長く持つのは違和感があって。

まぁそれは自分が含み益がでているものを持っていたら。

結局下がってしまって、損になってしまったからなんですけど…。

たしかにタカラトミーあたりは、830円ぐらいで購入したのを。

870円ぐらいかな。

そのぐらいで売って。

今では1300円ぐらいになっていますけど…。

でもそれでも、自分的には売ってよかったと思うというか。

もしそれで下がっていたのなら

「売っておけばよかった」

となったと思うので…。

まぁ

「利は一発でかいのを当てればいい」

っていうのはわかるんです。

10回損をしても、1回でかいのを当てればいいっていうのはわかるんです。

実際タカラトミーも利確しなければ。

今では4万ぐらいの含み益だったのかな。

そのぐらいあれば、かなりのものでした。

でも自分が利確した後に、タカラトミーって普通に下がったんですよね。

その後買戻ししないうちに、決算で爆上げしたわけで…。

ぶっちゃけ、利確して、その後に買い戻しておけばなにも問題がなかったです。

用は売ったとしても、その後下がるわけで。

そのときに買い戻しておけばいいのでは…。

まぁ当時は決算ギャンブルをする気がなかったので。

どっちみちダメだったと思いますけどね。

損切りは税金対策か

損切りは税金対策として、1月か12月ぐらいにすればいいのでは…。

まぁ別にどーでもいいんですけど。

株は、やっぱり上がったり下がったりするので。

損切りを早くしていたら、損切り貧乏になるかと…。

だから損に耐えるメンタルっていうのは絶対に必要かと。

そもそも損切りを早くっていうのは

「損を確定してほしい!」

という、他人の悪意を感じるような…。

まぁ実際損切りして助かったことも結構あるんですけど。

ほとんどの株は、損切りする必要のない株ばかりですからね。

うまく言えませんけど。

利確はして損はない。

でも損切りはやっぱり損ですよ。

利確は儲けで、損切りは損

単純に利確は儲けであって。

損切りは損でしかないんです。

だから、利確は積極的にすべきであって。

損切りはできる限りすべきではないと思っています。

もちろん、損切りしないといけないような株を買ってしまった時点でダメなので。

「損がでても、長期で持っていたい!」

と思うような株を買うっていうのが大事なわけですね。

そのために株を買うときは

「この企業の株はずっと持っておきたい」

と思うようなところを買うようにすれば。

まぁ損がでても、配当やら優待をもらいつつ。

株価が戻ってくるを待っていれば、いつかはどうにかなると思います。

知らんけど。

ただやっぱりそういう株でも。

以前に利確していれば損がでても

「以前に儲けさせてもらったから」

という理由で、含み損も気にならないと思います。

だから自分的におすすめは

【初めて購入した銘柄はまずは利確】

これが大事だと思います。

特に初心者は、いきなり大きな利を求めるのではなく。

コツコツ、いろいろな銘柄で利を確定させて。

銘柄に愛着を持っていくべきだと思いますね。