初心者は株の含み損に耐えれない!慣れが必要

初心者は株の含み損に耐えれないので。

その結果損切りしてしまうことも多いと思います。

まぁ、そうすると確定損が増えるわけで。

それで憂鬱になって、株をやめる人が多いんだと思います。

実際それで株をやめて助かる人も多いと思うので。

まぁなにが正解で、なにが失敗かはわからないんですけどね。

狼狽売りしたとしても、それで助かることもあると思いますから。

でもそうならないように、含み損にはある程度慣れる必要があるかと…。

初心者にとっては1万や2万の含み損でも結構精神的にきついと思います。

自分はそうでしたから。

でも、株をやっていると10万とか20万とかの含み損が結構行くので…。

まぁ含み損に耐えるメンタルは必須だと思います。

そこが最悪だと知る

たとえば、含み損が大きくなったのなら。

そこが最悪な場面だと知ればいいわけです。

まぁそうやって含み損が増えるパターンもありますけど。

含み損が増えるときというのは、おそらく日経平均も悪く

すべての持ち株がすべて下がっているような状況だと思います。

そういうときは、含み損が増えて当然なわけで。

そういうときに損切りすると、底で売ってしまうことになります。

結局株価が下がるっていうのは、売って安く買い戻そうとしている人がいるからであって。

もし初心者が現物の株を持っているのなら。

そこで売ってしまうと、買い戻すのが難しくなるので。

初心者にとっては、株を持っていたほうがいいかと…。

用は含み損に耐えれないところに来たのなら。

そこが最悪な場面なわけです。

実際さらに下がったら、安くなるわけで。

株を欲しがる人も出てくると思います。

そういうわけで、含み損に耐えれない場面というのは。

底であることが多いわけです。

そこからどこまで上がるのかを考える

逆に考えると、そこまで下がってしまったのなら。

上がる余地も少なくなるわけです。

そりゃそうですよね。

その安くなったところで株を買った人にとっては。

それほど上がらなくても、利益はでるわけですから。

なので、含み損がでているときは

【含み益も少なくなる】

と考えたほうがいいです。

待っていれば含み益がでるかもしれませんが。

含み損が大きいときは、含み益も少なくなると考えて。

買値撤退も視野に入れるべきだと思っています。

少なくとも株価が下がったということは。

安い値段で株を仕入れた人がたくさんいるということで。

それほど上がらないと考えるべきです。

それか、大きく上げるためには、長い時間が必要になるわけですね。

買い売りの時間を考える

たとえば長い間含み損なら。

その株は長い間、安く買うチャンスがあったということになります。

逆にほんとうに一瞬だけ含み損だったのなら。

そのときに買える人は少ないってことになります。

これは高く売るときも同じであって。

「高くなったら売ろう」

と思っていると、その高くなったタイミングは一瞬しかない可能性があるんですよ。

なので、そのときに思い切って売らないと。

高く売れるチャンスはないってことですね…。

結局株は買ったら、いつか売らないといけないわけで。

含み損ができたのなら、その間はあなたより安く買っている人が多いってことで。

高く売れる可能性も低いってことを考えないといけないです。

逆に安いときが一瞬なら、買えなかった人が多い可能性が高いわけで。

高く売れる可能性もあるかもしれません。

まぁ結局含み損が長い株ほど、高く売れる可能性も低くなります。

逆に最高のタイミングで買えたのなら、それなりに高く売れるかと…。

含み損の期間は、高く売れるチャンスの伸びしろにもつながるかと。

ま、結局どうなるのかはその日にならないとわからないんですけどねぇ。

でも、含み損がでたのなら。

そのときに買ったら、どのぐらいで売ると考えるのか…。

それを考えたほうがいいと思います。

自分の買値より、大きく高くなってほしいと思う人が多いと思いますが。

含み損がでかくなったのなら、高く売れる可能性も低いというか

その前に多くの人が売ってしまう可能性が高いことを理解しておくべきだと思います。